和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

未公開物件とは?

正しい不動産の買い方、

売却の仕方というのは、

一様ではありません。

 

時代によって変化もしますし、

物件によって変化もします。

 

さて、

いずれにしろ、

 

不動産の購入または、

売却を考えていく上で、

 

「未公開」

 

という言葉を聞くことが

あるかもしれません。

 

 

未公開物件とは?

一般的に、

業者間のネットワークである、

REINSに情報が、

登録されてない物件。

 

と言われることが多いようです。

REINSについては、
こちらで紹介してます。
別ウィンドウで開きます。

レインズ(REINS)とは?

 

限られたネットワークとはいえ、

不動産業者は当然として、

 

金融機関や士業の方などが、

閲覧できますので、

 

登録されれば、

かなりの数の方が、

物件の情報を手に入れることができます。

 

ですから、

REINSに登録されれば、

 

「公開された」

ということになります。

 

未公開物件の活用

 

購入する場合であれば、

未公開物件はある意味、

良い物件と言えます。

 

「ある意味」と言ったのは、

金額さえ問題なければという、

条件付きということです。

 

 

なぜ、未公開物件とするのか?

と考えたときに、

 

いろいろ理由はありますが、

その一つに、

 

「ある程度、高値で売れそう」

というのもあります。

 

人気のエリアで、

広さ等の条件が悪くない。

購入希望者はたくさんいるはずだ。

 

と予測できれば、

わざわざ公開する必要ありませんので。

 

ということで、

「なるべく安く買いたい」

 

というのが購入希望者の

ほとんどの方の心情ですので、

 

必ずしも無条件で、

「良い物件」

と言えないのです。

 

一方、売却希望者としては、

「なるべく高く売りたい」

というのが心情です。

 

ですから、

ニーズがあるような

 

立地などであれば、

未公開とするのも一つの手です。

 

 

ただ、そうした物件でなくとも、

なにか希少価値や、

 

特別なことがあれば、

未公開とするのも、

良いでしょう。

 

その場合、

売却の仲介を依頼した

不動産屋に

 

どのくらいのネットワークがあるか、

広告宣伝ツールの活用、

など確認する必要があります。

 

 

安くても、

早く売却したい。

 

という場合は、

迷わずに、公開すべきでしょう。

 

場合によっては、

買い取ってくれる

不動産業者を探すなど。

 

 

田辺領平
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。