和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

Blog

住宅ローン金利一覧

2019.04.14

きのくに信用金庫 変動金利:0.625% 全期間固定:1.350%   フラット35:1.370% 手数料:2.1% 2019-04-10現在   紀陽銀行 変動金利:0.625% 全期間固定:1.1% フラット35:1.21% 2019-04-01現在     三井住友銀行 店頭金利:2.475% 変動金利:0.525% 全期間固定:1.68% 2019- ...

きのくに信用金庫 2019年4月 住宅ローン金利

2019.04.13

  和歌山県の金融機関と言えば、 紀陽銀行ときのくに信用金庫。   そんなきのくに信用金庫ですが、 日本住宅金融公庫の フラット35以外に、   自前の長期固定 住宅ローンがあるのが特徴です。     ここ最近は、 フラット35の 事前審査の信用性が向上し、   以前のように、 事前と本審査でひっくり返ることが 少なくなりました。 &nb ...

住宅ローン金利総合情報 2019年4月

2019.04.12

住宅ローンの最新情報のお届です。 これまで1日と、10日の   2回に分けて お届けしておりましたが、   今月から10日以降に、 配信ということにしました。   またこれまで、 動画先行でしたが、   動画解説よりも優先させて、 テキストベースでの案内を   優先させます。 ご了承ください。   またフラット35として、 リクシルホーム ...

2019年4月住宅ローン(フラット)金利最新情報

2019.04.02

和歌山市湊で、 注文住宅の 四角い家を建築。 (参考:和歌山市湊 こだわりの注文住宅)   またアパレルショップとの コラボレーションで フリークスハウスの 見学会も開催中です。 FREAK’S HOUSE in 和歌山 完成見学会 の予約方法   先日は、新元号として、 令和の発表がありました。   いろいろ新しいこと があったと思います。   出典が日本 ...

和歌山市の不動産査定と住宅ローン金利

2019.01.11

和歌山市有功地区、園部や六十谷で最大級のクリスマスイルミネーションに続き、 地域最大規模の草月流お正月飾りでしたが、思いの外、早く撤去されてしまいました・・・。 さて、そんなイズマイ不動産から、このis myホームの場を借りて、最新住宅ローン金利情報のお届けです。 2019年1月住宅ローン金利情報 月初にお伝えしたとおり、LIXILホームファイナンスさんの、フラット35の金利は、0.08%下がりま ...

住宅ローン 金利情報 2018年12月 No.2

2018.12.12

住宅ローン 金利情報 2018年12月 No.2 の目次1.紀陽銀行2.きのくに信金3.三井住友銀行4.イオン銀行 先月同様、各行・各社変更ありませんでした。念の為、個別に見ていきます。 紀陽銀行 住宅ローン 変動金利の最優遇で、0.625%です。 詳細は、「紀陽銀行 住宅ローン」 きのくに信用金庫 なにかと小回りの聞く信金さんです。こちらも、変動の最優遇にて、0.625% です。詳細は「きのくに ...

住宅ローン 最新情報 2018年12月

2018.12.02

住宅ローン 最新情報の目次 固定金利:リクシルホームファイナンス フラット35の最新金利情報 住宅ローン変動金利:紀陽銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行 固定金利:リクシルホームファイナンス フラット35の最新金利情報 (株)リクシルホームファイナンスのフラット35の金利の情報です。 12月実行分の金利が発表されました。 クリックすると拡大します。   8月から上昇基調であった金利が一旦 ...

住宅ローン最新情報(2018年11月)

2018.11.06

2018年11月1日住宅ローン最新情報 1.焦る必要はないけど 2.今後の見込み _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _   1.焦る必要はないけど LIXILホームファイナンスのフラット35にて、今回も比較させていただきます。 なお、フラット35は、銀行を始め各種ノンバンクと呼ばれる金融機関で、取扱があります。 これからお話する内容は、同社のみに限ったお話ではありませんし、特定 ...

当初10年固定型変動金利は本当に得か?

2018.10.29

当初10年固定型変動金利は本当に得か? 関連:https://youtu.be/QwelG3lqMTQ 目次 1.住宅ローンの比較要素 2.当初10年固定型変動金利は、本当は危険? 3.最適な住宅ローンとは? ーーーーーーーーーー 1.住宅ローンの比較要素 住宅ローンとは、銀行などの金融機関が提供する、ある種の金融商品です。 「商品」であるがゆえ、金融機関によって多少、差が出てきます。 たとえば、 ...