和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

当初10年固定型変動金利は本当に得か?

当初10年固定型変動金利は本当に得か?
関連:https://youtu.be/QwelG3lqMTQ

目次
1.住宅ローンの比較要素
2.当初10年固定型変動金利は、本当は危険?
3.最適な住宅ローンとは?
ーーーーーーーーーー

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

1.住宅ローンの比較要素

住宅ローンとは、

銀行などの金融機関が提供する、

ある種の金融商品です。

 

「商品」であるがゆえ、

金融機関によって多少、

差が出てきます。

 

たとえば、一番目立つのが、

金利です。

 

◯◯銀行の金利が一番安いとか、

ネット銀行の金利は低いとか、

気にする方も多いのではないでしょうか。

 

その他の比較要素として、

借入期間があります。

 

これまで35年が主流でしたけど、

最近は、40年ローンという商品も増えてきております。

沖縄では、50年ローンという商品もあります。

 

そしてその他として、

保証料や事務手数料の違い、

 

繰り上げ返済などの手続方法や、

手数料の違い。

 

すこしマニアックですけど、

返済方法の違いもあります。

 

そして、団体信用生命の特約の違い。

 

このように、さまざまな要素が絡んできます。

 

それらの違いがあることを踏まえた上で、

一番最初に悩むべき壁があります。

 

それは、金利の種類です。

変動金利と固定金利です。

 

まず多くの方が、選択すべき要素ですけど、

「正直、よく分からない・・・・」

 

とおっしゃって来られる方が、

ほとんどです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

2.当初10年固定型変動金利は、本当は危険?

 

変動金利も、固定金利も、

それぞれメリット、デメリットがあります。

 

それぞれの特徴については、

またの機会にご説明いたします。

 

今回は、この当初~~年間金利固定型とか

固定金利選択型

 

呼び方はいろいろありますが、

固定金利と、変動金利を

組み合わせている商品には、注意しましょう。

 

金融商品ですから、わかりにくい、

そして正解がないのも事実です。

 

ですから、固定金利と、変動金利の良いとこどりした商品

などと紹介されることもあります。

 

こういうと、メリットだけ組み合わせたもの

かと誤解されますが、

単純にそういうわけではありません。

 

もちろん、デメリットもあります。

 

当初から変動金利を選んだ場合よりも、

優遇幅が小さいのもそうですし、

支払い上限枠が撤廃されるなどあります。

 

詳細は、また別の機会にお話したいと思います。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

3.最適な住宅ローンとは?

では、一体、

最適な住宅ローンは?

 

という話になりますが、

お客様のライフプランによるところが大きいです。

 

2018年11月現在、

言えるとしたら、

不動産投資でも言われることですが、

 

「金利が低い時は固定」

 

というのが王道です。

 

また、株や先物などの

金融商品でいわゆる「損切り」ができるなど、

 

一定のファイナンシャルリテラシー

をお持ちの方は、

「変動」でも問題ないのではないでしょうか。

 

もちろん、この場合も、

トレードにおける損切りと同様に、

 

「何%になったら、切り替える」

などというような、

ルールは事前に決めておきましょう。

 

無料不動相場診断ツール

使い方:「自動 不動産査定を、売却にも購入にも活用しよう」

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください。

田辺領平 LINEで相談できます
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

和歌山県を中心に活動。
加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス