和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

照明計画~お部屋の広さに対して必要な照明の数とは~

<!doctype html>

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

<!doctype html>

照明計画という言葉はご存知でしょうか?

照明計画とは空間に対してどこにどのような照明を配置するかの計画のことを言います。

照明でお部屋の雰囲気はガラッと変わりますので、おうちづくりの中でも壁紙等を決めるのと同じぐらい、かなり重要なポイントですね。
今回はこの照明計画についてお話します。

もくじ

1.光束・ルーメン(lm)について
2.お部屋の広さに対して必要な照明の数
3.照明計画について
4.照明の種類
4-1.シーリングライト
4-2.ダウンライト
4-3.間接照明
4-4.ブラケット・ペンダンライト

1.光束・ルーメン(lm)について

光の明るさの単位の一つにルーメンがあります。
記号は(lm)
光束ともいいますが意味は同じです。

光束(lm)は、光源(照明等)から放射される目で感じるエネルギーの総量のことです。

光束の値が大きい程明るいので、照明器具を購入する際はこちらもチェック!

LEDのパッケージには(lm)値が記載されています。

2.お部屋の広さに対して必要な照明の数

あくまで目安ですが1畳あたり300~500(lm)必要だと言われています。

数値に幅があるのは、お部屋の雰囲気や済む人の好みにより、必要な明るさは違うからです。

最低でも300(lm)あればいいということですね。

3.照明計画について

照明計画はおうちのデザインや、どのような雰囲気にしたいか、何をする部屋か等により変わってきます。

一昔前は、リビング等のお部屋はできるだけ明るく!
というのが主流だったようですが、今は必要な場所に必要な分だけの明るさをつけるという考え方に変わりつつあります。

なので、以前に比べお部屋自体は暗く感じるかもしれませんが、落ち着ける、スッキリとした空間が好まれているようですね。

4.照明の種類

お部屋に取り付ける照明はいくつかあります。

 

 

4-1.シーリングライト

一番ポピュラーなもので、お部屋の真ん中につける照明です。
部屋中をあかるく照らすのが特徴です。
気軽に交換できるのがいいところですね!

 

 

4-2.ダウンライト

最近の新築物件ではよく使われています。

お部屋の必要な部分に、必要な分だけをとりつけられるので、色々な照明計画ができます。

 

4-3.間接照明

照明器具を直接見えないように設置する照明です。
これをつけるだけでぐっとムードがでてお洒落な部屋になりますね。

ダウンライトとの併用で自宅でも取り入れやすくなります。

 

4-4.ブラケット等

ブラケットやペンダントライト等は手元やダイニングテーブルの上等、少し明るくしたい箇所に取り付けます。

また、デザイン性に優れている物も多いので、インテリアの一部としてお部屋を華やかにみせます。

 

大きく分けて以上の4つの照明を構成してお部屋の照明計画は行われます。

 

冒頭でもお話した通り、照明計画は意外と難しいです。
照明をとりつけすぎると、華やかすぎて落ち着かない雰囲気になったり、せっかく選んだ壁紙やインテリア等のコーディネートが台無しになってしますかもしれないですね。

 

新居の計画やリフォームの時にもし、取り入れたい照明があるのであれば、プロのアドバイスがあればより魅力的で素敵な空間がつくれますので機械があれば是非相談してみてください。

イズマイホームでは随時住まいの相談会を開催しております♪
お気軽にお問合わせください。


イズマイ公式Instagram Follow me!