和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

不動産(土地)の選び方

不動産(土地)の選び方の目次

◯ 自由あるいは・理想の住まいへ
◯ 制限のある土地
◯ 判例に学ぶ

不動産(土地)選び、そして自由あるいは・理想の住まいへ

お家づくり、あるいは不動産選びは、とても楽しいものです。

新築の建売だけでなく、
中古戸建にも魅力はたくさんあります。

お庭があれば、一生懸命育ててくれた庭があるお家もあります。

昔の技術や、自然の素材を、見ているだけで楽しませてくれる家。

非常に様々です。
注文であれば、

憧れの生活、理想の住まいへ、家を自分たちのライフスタイルに合わせる形ですね。

そんな注文規格住宅は、当然、土地が必要になります。

お持ちでなければ、

 「 イズマイ不動産 

でバッチリの土地を、
選ぶお手伝いをします。

 

制限のある土地

理想の住まいへの向けての第一歩は、
土地選びです。

 

ライフスタイルに合わせて、
前面道路の交通量、幅、
どこまでつながっているのか。

 

時間帯、あるいは曜日による
交通量の変化は?

 

周辺の商業施設はもちろん、
公共施設はどこにあるのか?

 

小学校、中学校の学区は?
駅までのアクセス、

 

自治会は?
ゴミステーションの管理状況は?

 

非常に、多岐にわたる
検討項目です。

 

長くすむお家ですから、
慎重に検討しましょう。

 

みなさんは、
こうした、楽しい、
ワクワクすることを観てください。

 

ただ、売地の中でも、
自由に建築ができない土地や、

 

希望する住宅を建築できない土地
というのもあります。

 

あるいは、
ご家族の安全を脅かす物件
などもあります。

 

そうしたリスクコントロール
のようなところは宅建士に相談、
確認してもらいましょう。

 

不動産購入を判例から学ぶ


(写真と本文は関係ありません)

過去にはこのような判例もありました。
平成29年10月 東京地裁

 

買主が老人ホームを建設しようと着工したら、地中に転石が多く存在していた。

 

そのため、当初の想定金額よりも、工事費用が大幅に増額が見込まれる。
その額、じつに土地の売値の15%相当。

 

というわけで、
買主は売り主を訴えたわけですが、訴えは認められませんでした。

 

このようなことにならないように、私達は日々、研究と物件を見る目を養う訓練をしてます。
良い不動産選びは、頼れる専門家探しから。