和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

和歌山市六十谷のハザードマップと住宅を考える

和歌山市六十谷エリア。

人気シリーズである、

 

ハザードマップから考える

不動産(家・土地)事情です。

 

いよいよ、和歌山市六十谷です。

お隣の直川や、園部も、

地図に載っていますが、

改めて機会を設けます。

 

 

さて、六十谷で、

ハザードマップにかからない地域は

あるのでしょうか?

 

順番に見ていきましょう。

 

津波浸水想定区域@六十谷

まずはじめに気になるのが、

「津波」です。

南海トラフなど、

いつ来てもおかしくないとされています。

 

上の図は、

津波浸水想定区域図です。

 

ご覧の通り、

六十谷までくると、

津波による浸水はほぼ

想定されておりません。

 

海からの恐怖を確認したところで、

今度は山側です。

 

土砂災害ハザードマップ@六十谷

上の図は、土砂災害系の

ハザードマップです。

 

六十谷西ニュータウン、

六十谷東ニュータウン

サンシャイン紀の川台

 

といった、

ニュータウン系の一部に、

想定されている区域があります。

 

一方、平野部では、

当然、土砂災害の危険性はありません。

 

ただし、

土砂災害が起こるのは、

地震もしくは、

大雨のときです。

 

大雨と言えば、

洪水もここ最近、

よく聞く言葉になりました。

 

がけ崩れや、

土石流など。

 

洪水浸水想定区域 計画規模@六十谷
洪水浸水想定区域 想定最大規模@六十谷

和歌山市ですから、

紀の川の三角州によって形成された平地。

やはり洪水のリスクは避けられません。

 

粉河加太線の南側は、

ほとんど浸水想定区域となっています。

 

わかりにくいので、

もうしこし画像を広角させてみます。

 

洪水浸水想定区域@和歌山市

和歌山市内でも、

2~3番目に深刻な

想定区域とも言えます。

 

大雨の際あるいは、

警報が発令されたときは、

十分に注意する必要がありそうです。

 

 

これまでの、ハザードマップを重ねると、

下図のようになります。

土砂・津波・洪水

というわけで、

粉河加太線より北側かつ、

山に近づきすぎないエリアが、

ハザードマップにかからないエリア

となります。

 

ただし、内水ハザードマップも

お忘れなく!

内水ハザードマップ@六十谷

液状化ハザードマップ@六十谷

和歌山市内では、

あまり気にされる方がすくない

液状化ハザードマップです。

 

こちらは、

以下に個別に図示します。

液状化ハザードマップ(南海トラフ)@六十谷
液状化ハザードマップ(東海・東南海、南海連動)@六十谷
液状化ハザードマップ(中央構造線)@六十谷

ほとんどが、

液状化の危険性があります。

 

範囲に入っていないからと行っても、

液状化区域内に、

水道管、ガス管がありますので、

そうしたライフラインの確保が

課題となります。

 

またご自宅のみならず、

避難所がどこにあるのか?

 

また、避難所が

ハザードマップにかかっていないか?

 

など確認しておきましょう。

避難所マップ@六十谷

そして、

忘れてはならないのが、

 

非難用品の準備や話し合いです。

ハザードマップにかからないエリアよりも、

対策、予防を。