和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

家を売るとき荷物を片付ける?

相続した不動産を

売却することになった時、

よくある問題が、

荷物をどうするか?

です。

ご両親だけがお住まいで、

広いお家の使用範囲も限定的になってきます。

そして、

ご両親が思い出の品を

大事に保管している

場合が非常に多いです。

または、

だいぶ昔に実家を出たけども、

荷物は置きっぱなしだった・・・

いまとなっては、すべて

不用品となってしまっている。

いざ家を売却する!

家を売却する時に、

荷物をどうするかどうか?

大きな岐路に立たされます。

1.荷物を片付ける(すべて捨てる など)

2.荷物を残したまま売却する

大きく分けてこの

二通りです。

当たり前の話になってきますが、

片付けた状態で、キレイに掃除してあったほうが、

早く売れる!

少しでも高く売れる!

可能性は出てきます。

ただし、立地などの条件によっては、

売れるかどうか分からない・・・

いつ売れるのか・・・・?

いくらで売れるの?

そして、

片付けるのにどのくらいの費用が?

自分で片付けるのしても、

何日かかるのか・・・?

などといった、

疑問や不安が出てきます。

家を売るための準備

「荷物なし + 清掃済み」

が、購入希望者にとっては、

印象が良いのは当然です。

そこまでに持っていく費用と負担、

そして売却するまで維持しなければなりません。

なかなかの労力です。

それを覚悟できるのであれば、

荷物なし +  常に清掃

を心がけましょう。

それ以外であれば、

お気軽にご相談ください。

買主(購入希望者)に

荷物撤去を行ってもらうために、

売却価格を下げるのか?

そもそも、不動産価値として、

道産処分費用を載せるだけの

価値があるのかどうか?

さまざまな視点で

判断が必要になってきます。

古民家であれば、

アンティークな家具・家財があったほうが、

価値がある、

あるいは早く売れる、

ということもありますので、

一概に、

「荷物なし + 清掃済み」

が一番良いとも限りませんので、

ご注意ください。

和歌山市不動産スマホで相談

友だち追加


家を買う・売る、相続のご相談などお気軽に

田辺領平 LINEで相談できます
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

和歌山県を中心に活動。
加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。