和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

和歌山市で免震の家を建てるなら

そもそも、耐震ってなに?

注文住宅を建築しようとしたときに、

気になる要素の一つに、

地震対策

があります。

地震対策というと、

すぐに思いつくのが、

「耐震」

です。

ただし、本当に、

耐震性能だけ高めれば良いのでしょうか。

そもそも、

勘違いが生じている可能性があります。

耐震→地震に対する強さ

ではありません。

「地震に耐える」

が正解です。

イメージとしては、

「痛みに耐える」

「ぐっと堪える」

感じです。

人に押されても

動かないように踏ん張る!

そんな感じです。

あるいは、

満員電車で電車が揺れたり、

人の乗り降りで押されても、

動こないように踏ん張る、力み続ける。

これって、

疲れますよね。

耐震、制震、免震ってどうちがうの?

地震対策には、

耐震、制震、免震

と大きく分けて3種類あります。

それぞれの違いは、

以下のサイトが

わかりやすく説明しております。

和歌山市で免震の家を建てるなら|和歌山市、川向う(紀の川北側)不動産売却専門店

どうやって免震するの?

ビルなどの免震をイメージすると、

とても大きなゴムみたいなものが

必要になるイメージがあります。

でも、

一般的な戸建てなら、

直径がマグカップくらいの円盤を、

多数、お家の下に並べるだけで大丈夫なんです。

しかも、建築基準法の耐震基準以下の建物を

建築することは出来ませんから、

免震ゴムの上に耐震等級1相当(※)の

建物が乗っかる

そんなイメージです。

※「相当」と表記したのは現時点(2020-03-08)では、住宅性能評価を受けることが義務付けられていないから

だから極端な話、

そこまでする必要があるのかどうか?

また、意味があるのかどうかは別として、

理論上では、

免震装置のうえに、

耐震等級3の建物を建築することも

できるというわけです。

費用とのバランスを考えて、

お家を作っていきましょう。

以下は、熊本の原田木材(株)さんの

免震装置に関するレポートです。

和歌山市不動産スマホで相談

友だち追加


家を買う・売る、相続のご相談などお気軽に