和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

不動産売却と注意点

不動産売却と注意点 | 売却(販売)期間中に起こり得る問題を事前に対処

不動産の売却は、

ローンが残っていてもいいのか?

 

あるいは、

自分が住んでいてもいいのか?

 

などと質問をいただくことがあります。

 

答えは、「大丈夫」です。

ローンが残っていてもOK。

 

住みながら販売活動し、

売却が決まったらお引越しもできます。

 

どちらの一つ当てはまる場合、

あるいは両方当てはまる場合、

 

いずれにしろ売買のタイミング調整が

大事になってきます。

お気軽にご相談ください。

 

不動産売却期間中の管理

とはいっても、

不動産売却のご依頼を頂く案件で、

空家となっている物件が多いのが現実です。

 

なぜなら、

相続した不動産を売却

 

あるいは、

相続するであろう不動産の売却

 

が多いからです。

もちろん、転居を伴うこともあります。

 

世帯が大きくなったため。

(子供が生まれた)

 

逆に世帯が小さくなったため。

(子供が自立した)

 

など。

 

 

居住中の売却の際は、

あまり気にしないのですが、

 

空家状態で売却の場合、

管理が重要になってきます。

 

よく言われることですが、

「風通しを含めた定期的な清掃」

 

この有無によって、

お家の状態は雲泥の差

 

 

もしココしばらく、

「風通ししてない」

という方、

 

これを読んだ今が

なにかのきっかけです!

お急ぎください。

 

または、

和歌山県内の物件であれば、

私達にご相談ください。

 

 

お家の周りの管理も忘れないで

あとはお家の周りの管理も、

お忘れにならないでください。

 

雨樋に落ち葉がたまれば、

雨漏りの原因になります。

 

基礎の通気口がふさがっていれば、

湿気がこもってシロアリや腐食の原因に。

 

そして、その他の害虫類!

 

 

先日も、ご依頼いただいている物件で、

スズメバチの巣がありました。

 

事前に、鉢が寄り付かない

スプレーを噴霧しておくといいですね。

 

今回は、私達が

駆除しました。

 

ハチ駆除も含めて、

お気軽にご相談ください。

 

和歌山不動産売却とハチ駆除

不動産売却査定ツール
無料不動相場診断ツール

使い方:「自動 不動産査定を、売却にも購入にも活用しよう」

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください。

田辺領平 LINEで相談できます
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

和歌山県を中心に活動。
加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス