和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

負動産を、腐動産から守る

和歌山県の空き家の増加、

ならびに人口減少については、

当ブログでもたびたび扱ってきました。

 

不動産が負動産にならないように、

あるいは、腐動産に悪化しないように、

引き続き買い取り、

 

あるいは売却希望者と、

購入希望者のマッチングに

注力しているところです。

 

なお、

負動産とは

 

利用・活用する予定はないし、

アイデアもなければ、余力もない。

そして、売りたくても売れない。

 

売らない、利用しないがために、

管理のための時間と費用の

支出だけが増えていく。

 

といった不動産全般を、

負動産と言います。

 

売れない理由は様々ですが、

遠い

古い

劣化が激しい

 

はもちろん、法令的にも、

「再建築ができない」

などの理由もあります。

 

 

そして負動産を放置しておくと、

腐動産になります。

 

腐動産とは

 

負動産を「売れない」からと

放置していた結果、

 

人為的もしくは、

経年劣化、自然災害等により、

 

負動産の状態が、

劣悪な状態になったもの。

 

 

を言います。

「人為的」というのは、

 

泥棒などの不審者による、

不法侵入などがあります。

 

とくにひと目のない、

地方の負動産や山などでは、

不法投棄されてしまうこともあります。

 

もちろん人為的以外にも、

風通しを起こったたり、

雑草対策を怠ったりしても、

 

負動産から腐動産へと

悪化することになります。

 

負動産・腐動産を阻止するために

負動産を、腐動産から守る|和歌山で家を売る、活用する!

お近くにお住まいであれば、

まずは片付けてみて、

なにか活用する手立てはないか?

 

と考えてみることです。

自分で思いつかなければ、

 

古民家や古屋の活用が得意な

不動産屋などに相談してみること。

 

あるいは、そうした物件の

買取業者に相談してみること、

などが良いでしょう。

 

なお、12月にとりまとめる、

令和二年度 税制改正大綱には、

 

空き地、空き家の売却のための、

「売却による所得の最大100万円分を控除」

 

が盛り込まれる予定です。

 

 

これまで、

「売却したときの税金が・・・」

 

 

と二の足を踏踏まれていた方も、

2020年は家を売る、

 

一歩踏み出すチャンス

となる年になるかもしれません。

 

関連:

・空き家管理と売却にまつわる話

・じわり、じわりと蝕む、負動産の恐怖

不動産売却査定ツール
無料不動相場診断ツール

使い方:「自動 不動産査定を、売却にも購入にも活用しよう」

 

 

ご相談お気軽にお問い合わせください。

田辺領平 LINEで相談できます
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

和歌山県を中心に活動。
加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。

 

One man's junk is another man's treasure.
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス