和歌山の住宅建築、不動産、リフォームならis myホーム株式会社

BLOG

水道管老朽化、漏水修繕による断水問題から考える不動産

和歌山市花山交差点漏水事件はなんだったのか?

簡単に説明すると、

道路下の水道管に漏水を発見。

 

その漏水修繕工事のために、

2020年1月19日(日)から3日間、

市内の広範囲に渡って、

計画的断水を行う予定だった。

 

でも、いざ、掘ってみると、

予想していた配管ではなくて、

簡単に修繕が終わってしまったため、

計画断水の繰り上げ終了。

 

詳細はYahoo!ニュース
【検証】和歌山市が断水回避。よかった?悪かった?断水は全国で起きる?
リンク切れの際はコチラ

 

と世間を騒がせた和歌山市断水事件は、

ある意味、2020/01/23現在進行中と言えます。

 

不動産(住宅)購入と公共設備の老朽化

今回の事件の意見、改善点等は、

各種あります。

 

・早く終わってよかった

・断水を決めたらなら予定通り、基幹配水管の修繕を・・・

 

など賛否両論あります。

 

また意見の一つに、

・断水の告知時期が早い(短い)

 

というのもありました。

前述のヤフーニュースの記事によると、

1月16日(木) 17:00 断水の発表
ウェブサイトや、Twitter 、郵便で周知を開始

1月19日(日) 3日間の断水開始(予定)

 

ということで、

準備期間は3日ないしは、

2日半といったところです。

 

週末ということで、

お出かけ等の予定を、

延期、キャンセルした方も多いでしょう。

 

実際、店舗等では期間中の休業を余儀なくされた

ところも多いようです。

 

 

その2日半~3日の準備期間が

長いか、短いかは、

 

「計画断水」としては、

短いと、個人的には思います。

 

 

和歌山市内には給水関係の配管はもちろん、

下水道管の老朽化も指摘されています。

 

普及率の低い下水道ですら、

すでに老朽化の指摘です。

 

こうしたライフラインの公共設備関係の

整備を立地適正化計画に基き、

エリアを限定していく予定となっております。

 

下図は和歌山市内の、

居住誘導区域です。

この居住誘導区域内ですら、

この老朽化の指摘と懸念です。

 

今後は、今回の反省から、

断水等の計画は改善されるでしょう。

 

 

ただし不動産購入を検討した場合、

市街化調整区域であるかどうかの他に、

居住誘導区域内かどうか、

ということも確認していく必要が増してきます。

 

 

さらに、購入、建築を計画したときに、

非常用食材・飲用水等のストックルームの確保

なども計画する必要があります。

 

もちろん、二地域居住も、

災害対策という意味でも有効です。

 

老朽化した給水管であれば、

ちょっとした地震で亀裂・漏水する可能性があることも

念頭に置かなければなりませんね。

 

地震による断水は、

いつでも可能性あります。

 

ちなみに、和歌山市内でも建設がすすむマンションも、

飲用水、トイレ対策をしなければならないのは、

川崎の高層マンションの被災状況をみればわかりますね。

 

また、ビッグホエールはもちろん、

これから建設されるであろう統合型リゾートには、

避難先としての機能を期待したいと思います。

 

和歌山市不動産スマホで相談

友だち追加

家を買う・売る、相続のご相談などお気軽に

ご相談お気軽にお問い合わせください。

田辺領平 LINEで相談できます
観光地域経済研究員
賃貸不動産経営管理士、宅地建物取引士

和歌山県を中心に活動。
加太、雑賀崎、田野など海の見える物件や、
山の物件などの積極的活用方法研究が得意。
自分で出来るDIYの研究と指導も行っている。